2009年06月のエントリー

2009/06/24

ラヴェンダー・ミエル

    

 

 

ラヴェンダーと云えば <プロヴァンス>

アヴィニョンの町中は、どこも空気がそのものが、もう <ラヴェンダー>

初めて駅に降り立った昔? 

強い香りと乾いた空気に咽てしまいましたっけ。

オイル ・ ポプリ ・ 石鹸 ・ お茶 などなど。

お土産屋さんも、ラヴェンダーの山。

 

さて、フランスで求めて来たラヴェンダー。

ラヴェンダーのハチミツ ・ 松の実 と共に、今月のパンのアトリエの素材。

 

「 ディップ 」 は、もちろん < ラヴェンダーとラヴェンダーハチミツ&バター>

 

 

 

 

 



2009/06/24

ポルトガルの千切りキャベツ

20091013-IMG_1737.JPG

ポルトガルの代表的なスープ <Galdo Verde> ガルド・ヴェルデ

ジャガイモのポタージュに、千切りにした「縮緬キャベツ」を加えて煮込んだスープ。

日本でいえば、味噌汁の感覚かしら?

そのガルド・ヴェルデ用の縮緬キャベツを 「ポルト市ボリャオン市場」 で発見!

大きな刃のついた専用の機械にかけ手早く回して、みるみる内に千切りの山。

「大仰な」 機械は、ユーラシア大陸の最西端なれど

やはり、ヨーロッパと妙に感心したりして。

でも、どこかで見たような。。

日本で云えば、カット野菜の 「千切りキャベツ」 ?



2009/06/11

Lisboa のパステラリア

ポルトガルがルーツのお菓子といって直ぐに思い浮かぶのは

「カステラ」  「鶏卵素麺」  「金平糖」  

基本的に〈フィオス・デ・オヴォッシュ〉

日本で云うところの「鶏卵素麺」ベースのお菓子が多い。

エクレアの上のも載っていたりして。。

1829年創業のリスボアの老舗菓子店〈コンフェイタリア・ナシオナル〉の店頭にも、

馴染み深い卵と砂糖の、穏やかな味のお菓子が並ぶ。

クリスマスのパン菓子”ボーロ・レイ゛の元祖のお店としても有名!

それにしても、何てパステラリア(お菓子やさん)の多い街かしら?