2009年12月のエントリー

2009/12/25

noel

       20100205-IMG_2307.JPG

<豚肉の塩釜焼き・粒マスタード&オレンジマーマレードソース>

豚肉にお好みのフレッシュハーブをまぶしつけ、

卵白と塩をホイップクリームのように “フッワ・フワッ” に混ぜて包む。

抜き型で模様をつけ <noel> の文字飾り。
しっとりジューシーな仕上がりのコツは、オーヴンに入れて焼き足りないと思う位で火を止め、余熱で火を通すこと。 
冷蔵庫の残り野菜も一緒にローストすれば、付け合わせも同時に出来上がり。

~ ア・ターブルの食卓12ヶ月 ・ 代官山教室 ~ メニュー



2009/12/20

ポティッツェン

       20100205-IMG_2293.JPG

                      <12月のパンのアトリエ>

 

ウィーンは 「DEMEL」 銘菓 <ポティッツェン>

「銘菓」 と云うだけあり、 デメルのものはパン生地が薄く、

クルミ入りチョコレートクリームの層が芸術品のように重なる。

ア・ターブルでは、パンの風味を大切に渦巻き層を少なくして

<ノワゼット入りチョコレートクリーム> を巻き込みました。 

粒ノワゼットとパウダーシュガーをデコレーションして “クリスマス” 仕立て。

 

チョコレートクリームに入れるノワゼットを包丁で刻むのはちょっと大変だけれど

そのひと手間が美味しさを生む!

 

ノワゼットのコク & スィートチョコレートが、本当にお品のいいお味。



2009/12/11

干し柿のデザート

          20100205-IMG_2371.JPG

子供の頃、農家の縁先に吊るしてあった懐かしい干し柿。
普段の、素朴なおやつでした。

そんな <干し柿> にチョット一手間かけると。。

室温に戻したクリームチーズに、キビ砂糖を加えてよく混ぜ、

< ラム酒漬けレーズン ・ ローストしたクルミ ・ 千切り柚子 > を合わせます。

干し柿に詰め、ラップで包んで一捻り。

アッという間に “風雅” にしておしゃれなデザートに早変わり!
お紅茶にも白ワインにも、よく合いますよ~。



2009/12/10

白菜のスープ

 

 

 

これから年末にかけての時期、

旬の白菜を [ 丸ごとド~ン ] と、ご近所から頂く事が多い。

 

漬物、お鍋と、定番メニューをひととおり楽しんだ後で、

毎年、生徒から上がるリクエストが 「 他に美味しい食べ方教えてください」

 

1、 白菜を縦に10等分。

 

2、 厚手の鍋で強火で思いっきり両面を焼いて、コンソメスープで煮込む。

 

3、 仕上げに、油麩とパセリ。

  グリエールチーズをのせても美味しい。

 

< 日々の食卓 >で、普段の白菜がちょっとオシャレなスープに変身!