ア・ターブルの食卓12ヶ月 10・11・12月のメニュー

10月27・28
レンズ豆のスープシードル風味
 戻す手間のないレンズ豆を使ったスープ
ポーク・ノルマンディー
 豚フィレ肉に紅玉を加えたクリームソースを添えて。
レッドキャベツとクレソンのサラダ

    
11月24・25
ブルゴーニュ風ポーチドエッグ
 ポーチドエッグを赤ワインソースで頂きます。
鶏肉の木こり風
 いろいろなキノコの味が鶏肉にしみ込んだ軽い煮込み料理
さつま芋と銀杏のマッシュ
 ホクホクのさつま芋でほんのり甘いマッシュポテト
根菜と生ハムのスープ
根菜と生ハムのスープ
 コンソメスープで煮たゴボウなどの上に生ハムをアクセントに飾ります。
12月22・23
殻付き生カキのオードブル
 まったりとした日生の生カキを使います。
サーモンのパイ包み焼
 サーモンの赤・ほうれん草の緑・ソースの白、クリスマスカラーで
 まとめました。天板をお持ちいただき、お持ち帰りです。
カリフラワーのマリネ・オリエンタル
 シャキシャキ感とレーズンの甘さ・カレーの風味がポイント!



パンのアトリエ 10・11・12月のメニュー

10月18・20

ハロウィン・パンプキン  

かぼちゃを丁寧に裏ごししてペーストをつくり、生地に練りこんで二色にします。 小豆の種も加えて、かぼちゃの形に焼き上げる “ゴロン” とかわいらしいパンです。

 

 

    

 

 

 

 

 

11月15・27

赤ワインのパン  

ボジョレーヌーボーの解禁にあわせて赤ワインを練りこみ、木の実を入れます。チーズと相性抜群のパンです。

 

 

 

 

 

 

 

12月13・15

パネットーネ

20080424-IMG_0588_1.JPG  

イタリアのクリスマスといえばミラノ発祥のパネットーネ! 地元では、クリスマスの4週間前に焼きます。

 

 

 

 

 

 



ア・ターブルの日々の食卓 8月のメニュー

8月7日(火)〜10日(金)
ゴーヤのサラダ
 ゴーヤのほろ苦さを生かしたサラダ
豚肉ととうもろこしのガレット
 豚肉にフレッシュとうもろこしをサンドし、コーンフレークの衣をつけて
 焼いてパセリとトマトのソースを添えて頂きます。
マンゴープリン
 熟したマンゴーの濃厚な味がポイント!
8月21日(火)〜24日(金)
きゅうりの冷たいスープ
 きゅうりのさわやかさが口いっぱいに広がる夏のスープ
炙りサーモンのフレッシュトマト添え
 サーモンをさっと炙り香ばしさを出してバジル風味の
 フレッシュトマトソースを添えます。
 
他 一品



ア・ターブルの食卓12ヶ月 7・8・9月のメニュー

7月28・29
小いかの墨煮
 イカスミのコクととうがらしの辛さがポイント
パンツァネッラ
 パンとトマトが主役のトスカーナ地方のさっぱりサラダ
ピーチメルバ
 桃を丸ごとシロップ煮にし、ラズベリーソースをそえて。

     
8月24・25
コールドビーフのバジルソース
20080424-IMG_0374_2_2.JPG
 牛肉をゆでて冷やしハーブの風味でさわやかに!
とうもろこしのガレット
 フランス版とうもろこしのパンケーキです!
ココナッツとフルーツのプディング
 ココナッツミルクと季節のフルーツで作る、ちょっと変わったプリン。

9月22・23
赤ピーマンのムース
 濃厚なアカピーマンの味を堪能できます。
イトヨリのグリルガーリックソース
 魚焼きグリルで丸ごと塩焼きにしたイトヨリに、ガーリックオイルと
 ハーブを合わせ香りを引き出します。
ニース風タマネギのタルト
 タマネギをオリーブオイルで炒めタルト生地に載せ
 ピッツァのように薄く焼きます。



パンのアトリエ 7・8・9月のメニュー

7月19日・21日

フレッシュトマトとドライトマトのパン  

フレッシュトマトの風味を練りこんだパンにドライトマトを入れた 酸味の効いた夏らしいパンです。
 

 

フレッシュチーズとハーブのディップ  

みじん切りにしたフレッシュハーブとブラックペッパーがアクセント!

 

 

 

8月16日・18日

とうもろこしのパン  

旬のとうもろこしとコーングリッツをつかった ほのかに甘くどこか懐かしいパンです。 
 

 


 

 

 

 

 

9月13日・15日
 

ダブルチョコと和栗のロンド 

たっぷりののフランス産カカオパウダーを練りこんだ生地に、チョコキューブでこくを出し、 新栗の蜜煮を飾って丸いケーキ型で焼きます。